皆さん、こんにちは!“巨大産業”と聞くと、何を一番最初にイメージしますか?スポーツ業界も巨大ですし、アイドルカルチャーなんかも日本が世界に誇る一大巨大産業ですよね。そんな私が今一番気になる巨大産業であり、近年猛スピードで成長を続けているオンラインギャンブル業界です。私も調べて初めて知ったのですが、2020年の段階で既に667億(米ドル)もの売上を誇るオンカジは、“巨大産業”に現れた化け物級の新人大注目ルーキーなのです!現在、インターネット上に置いて『最も収益率の高いビジネスモデル』とも言われるオンラインカジノ業界では、2022年現在でも勢いそのまま、毎月の様に新作が続々と発表されております!「中身のシステムもほとんど同じだから、外観のインターフェイスだけ変えて大量生産しているだけだけじゃないの?」なんてお考えの方もいるかも知れませんが、ソフトの設計から実装、そこに至る構築まで、エンジニアの仕事はそんな単純な物ではありません。今日の記事は新人プログラマー・エンジニアの方にぜひ知っておいて頂きたい、オンラインカジノにおける、覚えておくべきコーディングについて。そんな内容をお届けして行きます!

オンラインカジノ市場に参入しようとする時、多くの企業はどんなソフトウェアを好んで導入すると思われますか?答えは、“ホワイトレーベル”と呼ばれるソフトです。ホワイトレーベルとは、動作不良等の不備もなく、実績のあるソフトウェアの事をこの場では指します。しかし、ホワイトレーベルは安定しているというだけで、大きな利益を獲得しながらこの成長が著しい業界で生き残っていけるかどうかは、正直かなりの疑問が残ります。

“ランダム・ナンバー・ジェネレーター”の導入

先ほどご紹介した様なホワイトレーベルと呼ばれるソフトの大半で使われているプログラミングは、シンプルな乱数をランダムに並び変えて、プレイヤーはその数字にいかに合わせる様にプレイをしていくか、という形式になります。

これも競争社会の中では当たり前の話で、多くの人が使い慣れているインターフェイスこそが果たして成功への近道かどうかは誰にも分かりません。

法の遵守 – どの業界においても法の遵守は必須です。せっかく商売が上手くいっても、無知のあまり、法を犯して財産が取り上げられる、なんて事になったらたまったものではありません。オンラインカジノに関する法律や規制は、国や地域ごとに異なるため、各管轄区域でそれぞれ確認しましょう。例えば、ヨーロッパのマルタに本拠地を置くLotteries and Gaming Authority (宝くじ・ゲーミング当局)なんかでは、既存の設定から変更することは違法ではないものの、一定のルールを破った場合は法によって裁かれる可能性もあるそうです。

公平性 – システム内部の設定を変更するにしても、正確なRTPの確率や当たりの頻度をしっかりと守りましょう。基本的にオンラインカジノのシステムを構築する際は、これらの作業は自分たちでする事になります。しかし、ビジネスとしての収益性を維持しつつ、消費者に喜んでもらえる環境を整える事は当然簡単ではありません。

会社を日本で、日本の法律の元に運営して行くのと同じように、どこの国でもその国の法律が基本的には一番求められます。なので、ルールをしっかりと理解し、それを厳守しましょう。

公平性-システム内部の設定を変更するにしても、正確なRTPの確率や当たりの頻度をしっかりと守りましょう。基本的にこれらのシステムを構築する際、基本的なこれらの作業は自分でする事になります。しかしビジネスとしての収益性を維持しつつ、消費者に喜んでもらえる様な環境を整える事は当然簡単では有りません。

こういったシステム作りを担うコーディングは、今後のこの巨大産業を支え、成長させて行く為には欠かせない技術です。このコーディングがしっかりとしていないと、当然マシーンはしっかりと機能しませんしユーザーへのセキュリティの担保も脅かされるかも知れません。そんなマシーンで運営をしよう物なら、数日後には低評価の嵐で廃業せざるを得ない、なんて事にもなりかねません。こういった問題を避ける為にも正しいコーディングが書ける経験豊富なプログラマーの存在はとても大きいと言えますね!皆様も目指してみてはいかがでしょうか?大きな可能性が眠っているかも知れません。